Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • Carlos K.が語る、壮絶な半生とデビューのきっかけ「キックの音だけを聴くようにして、レイヤーを重ねて音作りに励んだことが役に立った」(前編)
    遊助やLittle Glee Monster、Crystal Kay、Flowerといったアーティストや、AKB48や乃木坂46、SUPER☆GiRLSなどのアイドルまで、多彩な楽曲を手掛ける音楽作家・Carlos K.。日系2世である彼は、それぞれの国で生活を送った過去も持っている、少し異色なキャラクターとポップな音楽性を持ち合わせた人物だ。インタビュー前編では、そんな彼が送ってきた奇想天外な半生を振り返りつつ、音楽作家としてデビューをすることになったきっかけや、通ってきた音楽遍歴などについて、じっくりと話を訊いた。
    取材・文:中村拓海
    写真:竹内洋平


    ――Carlos K.さんは日系2世で、幼少期は海外で過ごしていたとか。

    Carlos K:
    そうです。6歳で日本に移住するまではブラジルにいました。母は小学校の先生をしながら、セミプロのジャズベーシストとして活躍していたのですが、ツアーでたまたま北海道の阿寒湖に行ったとき、そこの八百屋で父が働いていて。会って間もなく父から「一緒にブラジルへ行きませんか」とプロポーズされ、母もそれを受け入れてすぐにブラジルへ渡ったそうです(笑)。父は音楽好きで、家はお金持ちではなかったけど楽器を沢山収集していたので、僕は小さいころからピアノを触っていました。

    ――音楽一家に生まれたわけですね。聴いていた音楽も早熟だったのでは?

    Carlos K:
    自宅は、ボサノヴァやロック、フレンチポップも流れていたりしてごちゃまぜでしたね。でも、僕は聴いたら頭痛が治まるというくらい四つ打ちが好きで(笑)。ケミカル・ブラザーズやアンダーワールドなどを聴きつつ、加古隆さんやゴンチチさんも愛聴していました。

    ――ピアノの指導はご両親から受けていたのでしょうか。

    Carlos K:
    母から教えられていました。彼女は学校の先生になるために、ピアノの教育を受けていたということだったのですが、弾けないわりに僕にはスパルタで教えてくる。あまりにも怒られるから、嫌になって小学3年生のときにピアノを教わるのは辞めてしまいました。

    ――そこからは独学で?

    Carlos K:
    そうですね。そこからは親に教わらずにやっていました。もともと母からのレッスンで楽譜が読めずに怒られるのを回避するため、耳コピで譜面を全部憶えて弾いていたのですが、やってるうちに音感が身についていて。



    ――サボった甲斐がありましたね(笑)。

    Carlos K:
    そこからは「誰かが作った曲を弾いているよりも、自分で作ったほうが面白いのかも」と思い始めて、半ば遊びのような形で作曲を始めました。中学一年生の時には、シンセサイザーを打ち込んで映画音楽のようなインストゥルメンタル曲を色々作って、音楽事務所に送ったりしていたんです。全然ダメでしたけど。

    ――そこからJ-POP的な楽曲を作り始めるまでに何があったのでしょうか。

    Carlos K:
    実家が田舎だったので、CDを買うだけでカッコいいという価値観が周囲にありました。それで、小学校6年生のときに初めてCDを買ったんです。女の子と貸し借りして、コミュニケーションツールとして活用しようと思って……まあ、単純にモテたかったんですよね(笑)。それを機にJ-POPを聴くようになったのですが、両親からはすごく反対されました。両親が王道の日本文化を良しとしていなくて、テレビを見ているだけで怒られるような家庭だったので。

    ――ご両親がそこまで反対する理由はなんだったんでしょう。

    Carlos K:
    本当に個性的な2人なんです。J-POPを意味なく嫌っていたし、父親は廃材を拾ってきて、山梨県の都会から遠く離れたところに家を建てるような人でしたから(笑)。

    ――それでも折れずにJ-POPを聴き続けたのですか。

    Carlos K:
    聴いているうちに作りたくなって、中学校に入ってからはMTRで宅録を始めました。当時はEvery Little Thingのメンバーだった五十嵐充さんが大好きで、彼に憧れて作っていました。そこから高校・大学へと進み、大学生になってからバンドを組んだんです。自分がピンボーカルを取っていたのですが、全然人気が出なかったので諦めて。そこで将来の道についてすごく悩んだ結果、大学を休学してブラジルへ渡ることにしました。

    ――ブラジルでは何をしていたのでしょう?

    Carlos K:
    マテ茶の工場で働いていました(笑)。バイトをしたお金でブラジルへ渡ったのですが、向こうで遊びまくっていたらお金が無くなってしまって、宿を貸してくれていた知り合いの勧めで、工場に住み込みで働くことになりました。当時はあまりにも貧乏だったので、パチンコを自作して鳥を撃ち落とし、焼いて食べていたことが強く記憶に残っています(笑)。あと、靴が無かったので裸足で歩いてたら、足に寄生虫が入って卵を産み付けられたり。病院もないので、そのときはライターでスプーンを炙って傷口を抉り、ウォッカで消毒していました。ピラニアやワニも食べたりと、日本に住んでいる人には考えられない生活をしていたのかも。

    ――音楽活動はしていなかった?

    Carlos K:
    もちろん、やっていましたよ。昼はマテ茶の工場で仕事をして、夜は工場内で結成したバンドの仲間たちと、ボロボロの車に乗って街のスタジオに向かい、部屋を借りて練習をするという生活が続いていましたね。

    ――そのときのパートは?

    Carlos K:
    ピアノでした。ブラジルで音楽活動をしていたと話すと、民族音楽的なものをやっていたと思われるのですが、向こうではボサノヴァやサンバもありつつ、バンドを組む人は大抵ロックをやっていましたよ。B'zさんのような、ロックテイストの音楽をブラジル人の感性で曲にして、ポルトガル語で歌っているような感じでした。



    ――その後、日本に戻って大学生活を再び始めるわけですが、ここでもまたバンドを組んだそうですね。

    Carlos K:
    はい。今度はコンポーザー兼ボーカルとしてバンド活動をしつつ、一度離れていた宅録の環境を整え、DTMを始めるようになりました。元々はテクノやハウスを作っていたのですが、当時アルバイトをしていた飲食店にR&Bシンガーの女の子がいて、彼女に「音楽で食べていきたいならトラックメイカーになればいいじゃん」と言われたんです。ここで初めて“音楽作家”というものがあることを知り、当時ラッパーをやっていたその子の彼氏にトラックメイクをして、初めて自分の音楽でお金を貰いました。そこから口コミでどんどん広がって、レゲエのアーティストやR&Bシンガーからも依頼を頂けるようになったんです。自分の周りだけじゃなくて、ネットを通じてメールや電話で依頼が来るようにもなりました。

    ――楽曲制作はなにを参考に学びましたか?

    Carlos K:
    最初は、ラッパー側から「こんな風に」とYouTubeのURLが送られてきたので、HIPHOP初心者ながらにそれを見て、サンプリングやトラックの作り方を覚えました。歌にはあまり取り組まなくなって、この頃はずっと作家活動に没頭していました。

    ――では、この頃はひたすらトラックを作っていた、と。

    Carlos K:
    はい。この期間はかなりビートを研究していて、どうやったら太いビートが作れるのかを突き詰めていました。キックの音だけを聴くようにして、レイヤーを重ねて音作りに励んだことは、後のキャリアにすごく役立ちました。それがあったうえで、もともとクラシックやテクノ、ハウスやJ-POPが得意だったので、メロディを付けるにあたってこれらの音楽性をミックスしてみたら、思っていた以上に好評でした。この頃はバイトをしながらトラックメイクして、あとはストリートでバンド活動を行ってと、並行して色々なことをやっていました。

    ――プロとしての第一歩はどんな形で踏み出しましたか?

    Carlos K:
    初めてコンペで通ったのは、『ヘルシアスパークリング』のCMですね。この時はフリーだったのですが、たまたま縁のあった他の作家事務所を介して決まりました。そこから遊助さんの『ミツバチ』に収録されている「今日の花」という曲で、初めてメジャーアーティストへ楽曲提供をすることができました。ちなみに、遊助さんには「ダチ」という曲も作らせて頂いたのですが、これはブラジルに居た時の経験を活かせるようなボッサ・サンバ風の楽曲で。この曲を収録したシングルの表題曲が「VIVA! Nossa Nossa」というブラジル人歌手のカバーだったので、何かの縁を感じましたね(笑)。また、同時並行でKyleeの「Everlasting」も決まって、この曲が『機動戦士ガンダムUC episode 2 赤い彗星』のエンディングテーマになったりと、好調な出だしだったと思います。

    ――遊助さんのお仕事に関しては、レゲエや民族音楽の経験が活きてきたと思うのですが、そこからJ-POP的なサウンドをより追求するようになったのは?

    Carlos K:
    Kyleeの「Everlasting」が2010年だったので、早い段階でJ-POPのスイッチは入っていましたよ。板野友美さんの「Dear J」はダンスミュージックとしてカッコいいものを作ったつもりだし、そこからAKB48関係の楽曲もいただけるようになってと、徐々になんでも出来るようになっていったんです。アイドルソングに関しては、ライブに行って、ファンの盛り上がりをみたときに、「こういう感じなんだ、こういうところでみんなが盛り上がるんだ」と、現場の温度感や観客のノリが理解できました。そのうち、現場のノリに合わせて作るというイメージができるようになりましたね。




    >「人の気持ちに寄り添える音楽を作るために、自分の人生を豊かにする」 Carlos K.が制作において重要視していることとは?(後編)


    Carlos K.

    1985年生まれの29歳 ブラジル出身の日系2世で、幼少の頃からピアノを始め、1991年に日本に帰国、 作曲を始める。13歳からシンセサイザーで楽曲制作を始める。
    20歳の時にブラジルに渡り、音楽活動を行う。帰国後、DTMを本格的に始め、R&B やHIPHOPのトラックを作り始める。
    学生時代から数々のバンドやシンガーに楽曲やトラックを提供し、度々全国放送 のCMなどで楽曲が使用される。映像音楽も数多く手がけており、映画 音楽、 ファッションPVの音楽制作なども行う。
    近年では海外での制作活動や多数のメジャーアーティスト、TVCM、アニメ、映画 などの音楽を制作している新世代クリエーターCarlos K.

    ●Works....
    乃木坂46...「隙間/ 作曲・編曲(Akira Sunsetと共作)」(10月28日発売『今、話したい誰かがいる』収録)「その先の出口 / 作曲・編曲」「ここにいる理由 / 編曲」
    Happiness...「Be Mine/作曲(Caroline Gustavssonと共作)/編曲」(10月14日発売『Holiday』収録)
    NMB48...「must be now」(10月7日発売)作曲/編曲 「Don't look back/作曲」
    綾野ましろ...「focus light」(10月9日発売)作詞(綾野ましろさんと共作)作 曲/編曲 「ideal white/ 作曲・編曲」
    Crystal kay...「君がいたから/作詞/作曲」
    Little Glee monstar...「人生は一度きり/作詞/作曲/編曲」 KARA...「SUNNY DAYS/作詞/作曲/編曲」
    板野友美...「Dear J/作曲」「Always I need you / 作曲・編曲」「for you,for me / 作曲・編曲」 AKB48...「Green Flash/作曲」
    Flower...「秋風のアンサー/ 作曲・編曲」

    HP: http://www.carlosk.info/
    Twitter: https://twitter.com/carlosk11


    ▼人気関連記事

    >阿久津健太郎が語る、プロデューサー・作家としての半生
    >星野純一×あいみょん特別対談 プロデューサーとシンガーが語る楽曲の“美味しさ”
    >多田慎也×NAOKI-Tが語る音楽遍歴と作家活動の目覚め
    >作詞家・小竹正人が明かす表現技法「三代目の作詞に関しては良い意味で公私混同」
    >インタビュー「ヒャダイン」ひとつひとつ、悔いのないベストをつくることが大切




    2015.10.20

  • search


page uppage up