Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • 小田桐ゆうきが語る“個性を活かす作曲術”「作り手の前にリスナーであるという感覚がずっと残っている」(前編)
    EXILE TAKAHIROやDEEP、倖田來未などの歌い手やChu-Z、東京女子流、Jumpin'といったアイドル・グループまで、幅広く楽曲を提供しているコンポーザー・小田桐ゆうき。彼は卓球選手として中学~高校時代を過ごし、その後HIPHOPダンサー、ボーカルダンスユニットと様々な経歴を積んだうえでデビューを果たした作家だ。インタビュー前編では、異色ともいえる彼のキャリアを紐解きながら、特徴的なメロディの根源を辿っていきたい。
    取材・文:中村拓海
    写真:下屋敷和文


    ――小田桐さんが音楽を始めたきっかけは?

    小田桐:
    8〜9歳離れた兄が2人いたので、音楽的には早熟でした。小学生のときには米米CLUBやマイケル・ジャクソン、久保田利伸さん、風見しんごさんを聴いていたし、『Such A Funky Thang!』を聴きながら部屋で歌い踊っていました。

    ――挙げていただいたアーティストは、いずれもダンサーシンガーソングライターであり、マイケル以外に関してはジャパニーズR&Bの旗手ですね。

    小田桐:
    何気なく、これ好きだなと思うものに、少しブラックミュージックの要素が入っていることが多かったです。その感覚は、いま作っている音楽にもつながっていると思います。この頃から“歌と踊りは一緒”という考え方があったんですよね。そこには歌番組の影響などもあるのかもしれません。あと、当時は女子にモテたいという気持ちで、ムーンウォークやハンドウェーブ、バックスピンなどを練習していました。

    ――作り手というよりパフォーマーとして先に目覚めたのですね。

    小田桐:
    はい。それで、家族にはそういう道に進みたいと早くから言っていたのですが、青森の片田舎だったこともあり、強く反対されて。子供のころからやっていた卓球をずっと続けるしかないのかな、と思っていました。当時は『ダンス甲子園』によってダンスシーンも盛り上がっていたのですが、卓球の方で中学生時代に、『全国中学校卓球大会』の団体部門で優勝して、なおさらレールから外れられなくなって(笑)。その後も高校、大学とスポーツ推薦で進み、ダンスは自分の部屋でやっているだけでした。でも、大学生になって今後の自分を考えた時に、やりたいことは卓球よりもダンスだったんです。そこからは駅前にラジカセを毎日持っていって、ダンスの練習をしていました。

    ――この段階でもまだ一人で踊っている状態ですよね。人前で表現をすることになったきっかけはなんでしょう?

    小田桐:
    大学に入ってすぐ、新しくできた友人にクラブへ連れて行ってもらったとき、今まで人前で踊ったことの無かった僕が、初めてダンスを披露したんです。すると「お前は一体何者だ」と言われるくらいウケて。その快感が忘れられなかったというのがきっかけです。

    ――上京したのも作家としてではなくダンサーとしてなんですね。

    小田桐:
    大学を卒業したときに上京したのですが、その直前にTRFさんのバックダンサーをやらせていただいたり、コンテストでも賞を貰ったりしていました。でも、僕自身は“歌って踊る”ことがやりたくて、親の反対を押し切って上京したんです。今でいう三浦大知くんのような「歌も踊りも一流」というパフォーマーになりたかったので、25歳までの数年間は、ダンスのスキルを磨く期間に充てました。そして25歳の時に『DANCE DELIGHT』で3位に入ったことをきっかけに、音楽を始めるモードに入ったんです。



    ――まずはどういうものをどんなやり方で作っていたのでしょうか。

    小田桐:
    最初は大学のレポート用に持っていたノートパソコンと、友人からもらったRolandの「SC88」で打ち込んで、ダンスショー用の音源を作っていました。でもこの時の作品は楽曲と呼べるレベルではないと思います(笑)。

    ――ではそれが楽曲と呼べるようになったタイミングは?

    小田桐:
    当時、自分も加入していた5人組のダンスチームがあったのですが、その5人でダンスボーカルユニットをやらないかという話になりまして。僕がメインボーカルを務めつつ、曲も打ち込みを少しかじっていた僕が制作することになりました。そこでパソコンを新調して、Tritonの「Triton rack」と、E-muの「mo'phatt」、「Cubase」を買い揃えました。楽曲制作の勉強は、『Sound & Recording Magazine』やそれに近い教材、あとは2000年代前半でジャパニーズR&Bが活発な時代だったこともあり、同じジャンルのCDを沢山聴きました。

    ――宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、MISIAなどが出てきていた時代ですね。そこからプロとしてデビューする2009年まではどう活動していたのでしょうか。

    小田桐:
    所属していたダンスボーカルユニットは、結局4〜5年活動した後に解散してしまって、30歳手前にして人生が宙ぶらりんになりました。年齢的にもアーティストは無理だなと思ったりしながら、1年間は引きこもりみたいな状態で……(笑)。でも、やっぱり音楽は捨てられなくて、ユニット時代に作った楽曲自体は評価していただいていたので、これを活かす仕事がしたいと決意して、作家の道を歩むことになっていくんです。そこから1年半ほどは打ち込みのスキルを上げるためにとにかく制作して、32〜33歳のときに事務所にデモテープを送って、ひとつ前の事務所に所属しました。ここでプロとしてコンペに楽曲を出すようになって、半年で5〜6曲が採用されました。

    ――小田桐さんの手掛ける楽曲は、スタンダードなポップスというより、原典と仰っていたジャパニーズR&Bの要素が大きく入っていて、良い意味で特化しているように感じます。

    小田桐:
    もちろんアイドルを手掛ける際には一般的なポップスになることもありますが、まず自分が作り手である前に、リスナーであるという感覚がずっと残っているから、ルーツに沿った音楽が出来ると思うんです。昔からクレジットを見て「この曲はプロデューサーが誰々なんだ」とよく目を通すタイプで、その人ならではの色が出る方がすごく好きなんですよ。

    ――数名挙げるならどんな方々になりますか。

    小田桐:
    T.KURAさんやNao'ymtさん、STYくんなどですね。やっぱり1本筋が通っていて、アーティストよりもアーティストらしい作家さんに憧れます。もちろん、アーティストによって色を変える方も良いと思うんですけど、個人的には貫きたいものがあるプロデュースワークに惹かれます。海外ではそういう方が多いですし、日本にもプロデューサーで曲を聴くという文化がもっと根付いてほしいと思いますね。



    ――現在メインで使用している機材を教えてください。

    小田桐:
    DAWは『Cubase』のままで、ソフト音源は色々と揃えていて、ハードはモジュールにRolandの『INTEGRA-7』を、鍵盤にYAMAHA『MOTIF XF』の88鍵を使っています。あと、『Triton rack』はまだそのまま残っていますね。

    ――『Triton rack』を継続して使っている理由は?

    小田桐:
    最近のソフトシンセだとハイファイになりすぎるんですが、『Triton rack』は良い意味でチープな音色を出してくれて、それが自分の出したいR&B的な音と綺麗にハマるんです。結構前になりますがファレル・ウイリアムスとチャド・ヒューゴのザ・ネプチューンズというユニットの楽曲に、Tritonのプリセットをそのまま使っているトラックがあったりするなど、愛用しているミュージシャンが多いことも特徴ですね。

    ――レトロっぽさはやはりハードから出る音色で大きく変わりますよね。

    小田桐:
    最近は国内外含めて90'sテイストの楽曲が流行していることもあり、改めてその音を出そうとしたときに、やっぱりその時代のハードは一番再現性が高いんです。

    ――いまルーツなどをお伺いして、改めてクレジットを見ると、一番小田桐さんの個性が出ているのはDEEPの楽曲なのかもしれませんね。

    小田桐:
    僕も本当に、DEEPとの仕事は好きで。ちなみに、僕もDEEPのメンバーと同じく『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 〜ASIAN DREAM〜』を受けていたんですよ。二次審査で落ちたんですけど。そのときに一緒だったので「作家とアーティスト」以上の繋がりを感じています。あと、音楽の好みも似通っていて、ボーイズ・II・メンが好きという点もフィーリングが合いました。




    >「メロディラインは、歌詞とリンクしながら感情の起伏をハッキリと表す部分」 小田桐ゆうきの“歌い手に寄り添う”作曲法とは?(後編)


    小田桐ゆうき

    HIPHOPダンサー、ボーカルダンスユニット、インディーズシーンでの楽曲提供など様々な活動を経て、2009年よりメジャーにおける音楽作家としてのキャリアをスタート。
    R&B/POPSを中心としたスタイルを得意としつつも、日本人ならではのメロディーと歌詞の世界感に拘りを持つ音楽プロデューサー。

    Twitter: https://twitter.com/yuuki_odagiri
    VANIR PRODUCTION: http://www.vanir.jp/


    ▼人気関連記事

    >星野純一×あいみょん特別対談 プロデューサーとシンガーが語る楽曲の“美味しさ”
    >作詞家・小竹正人が明かす表現技法「三代目の作詞に関しては良い意味で公私混同」
    >インタビュー「ヒャダイン」ひとつひとつ、悔いのないベストをつくることが大切



    2015.07.29

  • search


page uppage up