Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • 「作家として目指すなら最低限パッケージングに耐えうるものを」松隈ケンタと木之下慶行が語るプロデューサー目線の作家音楽(後編)
    ともに作編曲・サウンドプロデュースで活躍する、木之下慶行と松隈ケンタによる対談。後編では、松隈がスタジオ設立に踏み切った理由やプロデューサー視点で見た楽曲の質、ギターへのこだわりや若手へのアドバイスまで、大いに語ってもらった。

    >松隈ケンタ×木之下慶行が語るコンペ必勝術「イントロはミュージシャンのエゴが出るから長くなりがち」(前編)

    取材・文:中村拓海
    写真:竹内洋平

    ――松隈さんはこのたび新たにスタジオを設立したわけですが、その背景には音楽クリエイターチーム・SCRAMBLESの会社化といった出来事もありました。そもそもSCRAMBLEを立ち上げた経緯は何ですか?

    松隈:
    フリーになっていたときは、コンペで受かっても、最終的には知らない人がアレンジしたり演奏したりして、まったく自分の手元にあったものと変わってしまうので、違和感があったんです。もちろん作品としてはよくできているのですが、僕の目指していたものとは違っている場合も多くて。そういう人たちってディレクターやバンマスに気に入った仲間を呼んだりするわけですが、僕にはそういう仲間がいなかった。でも、BiSのサウンドプロデュースを始めるにあたって、気に入っているプレイヤーや仲間だけを呼んだんです。売れる・売れないは別として、自分のかっこいいって思える音楽が作りたかったから。たぶん、それが僕の憧れた亀田誠治さんの音でもあったと思うので。

    ――「チームの音」を作りたかったんですね。

    松隈:
    そう。初めて会うエンジニアさんに頼んでも、僕らの音には絶対ならない。去年チームを会社化したんですが、取り急ぎ社員は僕と田仲圭太しかいないので、クリエイター陣に出勤してもらって、受付も床磨きも、スタジオ清掃もみんなでやっています(笑)。

    ――2人は楽曲制作において、アレンジやプロデュースなど、後半の工程を担うことが多いですが、届いた歌詞や曲をチェックするときに真っ先に注目するポイントとは?

    松隈:
    僕の場合は、その人がリファレンスとしてどういうものを目的地にしたかを気にします。例えば「パンクを作ろう」ではなく、「オフスプリングを作ろう」とか「Hi-STANDARDを作ろう」と想定している曲かどうかで、完成度ってハッキリ違ってくると思います。だって、それがある曲と何も考えないで作った曲は、「ハンバーグ作りました」なのか、「なんとなく肉を混ぜて作ってみました、美味しいでしょ?」というくらい違う。「僕は天才だと思っていますけど、どうですか?」みたいな曲は嫌ですね。そういう人に限って自信満々だったりするから余計に。作家として目指すなら最低限パッケージングに耐えうるものを作ってほしいから、創作料理を作っている場合じゃない。それは色んな基準を満たした上でやるべきことですよ。
    木之下:
    その通りだと思います。あとは、こねくり回しすぎず、聴きやすさを重視すること。これってミックスの技量も関わってくるのですが、コンペだとどうしても「歌がちゃんと聴こえること」が最低条件として求められるので。もちろんジャンルによっては、歌が埋もれているくらいがカッコいい場合もあるので一概には言えないですが。あと、さっき松隈さんも仰ってましたが、先方に聴かせる際に、パッケージングされる前提で「こんなのどうですか?」というアレンジを出したほうがいい。判断基準として「CDになった感じが見えるかどうか」というのは間違いなくあると思うので。
    松隈:
    そうですね。音がショボショボだと「コンデンサーマイクで録ってきて」とは言わないですけど、せめてリバーブ掛けようよと言いたくなりますね。音が小さいというのも多い。これって全部「相手が受け取った側のことを考えているかどうか」だと思うんです。よく「自分の機材が足りないから」とか「自分の時間がないから」という考えに陥りがちなんですけど、何か解決法はあるから、考えてやってみて欲しいです。もう一つ、仮タイトルをちゃんと付けた方が良いです。「Flower」とか、他の人も付けそうなタイトルで送ってくることが多くて、どれが誰の「Flower」なのかわからなくなるからやめて欲しい(笑)。
    木之下:
    「Dear…」とかですね(笑)。そのまま使えるタイトルが良いというのはたしかにあるのかもしれません。


    ――2人がこだわって使っている機材は?

    松隈:
    DAWを『Studio One』にしているのはこだわりですね。もともと『Cubase』から入って、流石に大きいスタジオを作るとなったら『Pro Tools』が必要かなと思って大金を手に楽器屋に向かったんですが、店員さんに「これからの時代は 『Studio One』が最強ですよ、3万円ですし」と言われて。実際、全然問題なくミックスからマスタリングまで回っています。それに、『Pro Tools』はエンジニア向きなんですけど、『Studio One』はクリエイター向きの設計でもあるので、クリエイター集団としてはミックス中にも弄りやすいし、アレンジを変えたりできるので助かっています。
    木之下:
    僕はDAWに『Cubase』を使っていますが、そこまでこだわりはないですね。強いて言うなら『Superior Drummer2』というドラムソフトがお気に入りで長く使ってます。アタックが好みの音で、派手じゃないけどシンプルでしっかり鳴るんですよ。『Addictive Drums』など使ってる方も多いと思うのですが、個人的には派手な音色に思えたので、あえての『Superior Drummer2』です。

    ――2人ともギタリストとして活躍した期間があったこともあり、現在も様々な現場でギターを弾くことも多いですよね。あえて自分のプロデュース音源でギターを弾くというのは、 何かこだわりがあるのでしょうか。

    松隈:
    大抵の楽曲にはギターの音が入っていますし、弾けないとまずいというのもあります。あと、リードギターよりもサイドギターにこだわっていて、サイドはなるべく自分で弾くようにしています。個人的な感覚としては、サイドギターってハイハットやキック・スネアと絡んでリズムを奏でる楽器だと思っていて、ベースに近い感覚なんですよ。で、絶対普通のフレーズは弾かないようにしている。擬音でいうと、「ジャズツ、ジャズツ、ジャズツ」はみんな弾くから、「ジャズツツツ、ジャズツツツ、ジャズ、ジャズツツツ」という進行で、パワーコードを使うんです。
    木之下:
    そう言われると僕もバッキングにはこだわりますね。たまに刻みの部分をエディットしてしまうくらい気にするときもあります。
    松隈:
    エディットといえば、僕は一回弾いて録ったフレーズを切り貼りして、アイディア作りをすることもあります。
    木之下:
    それいいですね。手癖では出てこないフレーズが使える。


    ――引き出しがさらに増えそうですね。ちなみに、アイドルからバンド、シンガーまで様々なジャンルで活躍している2人ですが、アーティストごとに音の使い分けはありますか?

    松隈:
    僕はまったくないですが、言われたらやりますね。「好きに作って下さい」って言われたら、まったくその人の音楽も聴かずに、何人組かも調べずにやることが多いです。その方が面白いかなと。
    木之下:
    アーティストとアイドルってオケの空気感が多少なり違うので、同じフレーズでもギターの音は変えますね。アイドルだと基本的に生っぽくするとシンプルすぎて物足りなくなったり、シンガーだと歌を邪魔することもあるので、普段使っているプラグインを外したりして調整します。
    松隈:
    僕はその辺、真逆ですね。アイドルを生音で録ることが多い。アイドルだと好きに出来るし、アーティストだと「ギターの音はレスポールが良い? ストラトが良い」とか確認しながらやるんですけど、アイドルはわりとそのあたりが寛容だったりするので、自分の表現したい音に近づけるんです。


    ――最後に、音楽作家を目指す人にアドバイスしたいことはありますか?

    木之下:
    好き嫌いしないことと、良い意味でプライドを捨てることですかね。聴くだけ聴いても損はないですし、嫌いという先入観だけでいろんな音楽を遠ざけてしまうのはもったいないですから。
    松隈:
    いまになってやっとわかることなんですけど、「あの人にああやって怒られたな」とか「あの本にこう書いてあったな」ということを思い出すし、勉強って大事だったなと改めて実感させられますね。いまでこそロック作家っぽい仕事をやらせてもらっていますが、着うたや泣きメロが流行った時期は、一回ロックギターを置いて、アコギでR&Bっぽい曲を作っている時期もありましたよ。全然受からなかったですけど。でも、その経験があったからこそ、一通りやっていろんな楽曲を作れるようになったわけですし、初めは幅広くやった方が良いのかもしれませんね。




    松隈ケンタ

    ロックバンドBuzz72+ (バズセブンツー)を率いて上京、2005年avextraxからメジャーデビュー。編曲家CHOKKAKUのプロデュースにより4枚のCDを発表。バンドの活動休止後に作詞/作曲家として楽曲提供を始める。 2011年、音楽制作チーム「SCRAMBLES(スクランブルズ)」を結成。2013年、自身のサウンドチームSCRAMBLESのインディレーベルスクランブル・レコーズを発足。2014年には株式会社SCRAMBLESを設立、代表取締役に就任。
    好きなギタリストは、The Whoのピート・タウンゼント。
    オフィシャルサイト


    木之下慶行

    幼い頃にクラシックピアノをはじめ、中学に進学と同時にエレキギターを始める。その後バンド活動を経て本格的に作家としての活動をスタート。主にバンド系サウンドを得意とし、ギターサウンドとアコースティックギターを用いてロック~バラード、J-POP、アイドル、アニソン系まで幅広く活動を行う。キャッチ―なアレンジと良質なメロディーに定評がある今勢いのある作家。
    オフィシャルサイト


    2015.07.13

  • search


page uppage up