Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • 阿久津健太郎が語る、プロデューサー・作家としての半生 「女性の歌詞を書くときは『視点をひっくり返す』ことを意識する」(前編)
    現在“ペンネとアラビアータ”名義でPASSPO☆のトータルサウンドプロデュースを手掛ける阿久津健太郎(以下、阿久津)は、作家としてこれまでも中ノ森BAND、w-inds.、Folder5、MAXなどさまざまなアーティストの楽曲に携わってきた。また、過去に自身も歌手としてデビューし、ヒット曲を生み出した経験を持つ。そんなアーティスト・作家として功績を残し続ける同氏に、今回インタビューを実施。前編では彼の波乱万丈の半生や、豊富な経験のなかで得たプロデュース・作家論について、じっくり話を訊いた。

    取材・文:中村拓海
    写真:下屋敷和文



    ――阿久津さんはご両親も音楽活動をしていましたが、ご自身はどのようにして音楽に目覚めたのでしょうか。

    阿久津:
    両親ともに音楽家だったので、家には幼少期からアコースティックギターがありました。僕はそれを子供の頃から遊びで弾いていたのですが、中学生の頃には世間でバンドブームが起こり、同世代で楽器をやっているのは当たり前のような雰囲気になりましたね。当時のロック少年たちはガンズ・アンド・ローゼズやBOOWYなどを聴いていたのですが、僕はジャーニーやボン・ジョヴィが好きで、エレキギターを買って、彼らのイントロをフレーズ弾きしていました。だから周囲の友達とは全然話が合わなくて(笑)。彼らは当時、アイドル的な扱いをされていたので、ロック好きからすると仕方ないのかもしれませんが、僕は曲がすごく好きでハマっていたんです。そこがやはり、曲作りのベーシックになっているのだと思います。

    ――本格的に楽器を演奏するようになったのはいつからですか。

    阿久津:
    高校生になって、芸能プロダクションに所属してからです。中学生のときに、うちの親が賞金目当てで、雑誌『JUNON BOY』に応募をしていて(笑)。審査に通ったところで「受かっているよ」と応募していたことを教えられて、そのまま運良く最終審査まで残り、芸能プロダクションに入ることになりました。どんな活動をしていくのか決める際、事務所のスタッフには「歌を歌いたい」と伝えましたが、社長に「お前は歌だけでは無理だろう。でも、シンガーソングライターならいいんじゃないか」と言われたんです。それまで作曲はしていなかったのですが、この出来事を機に「つくる」ことを始めようと思い、YAMAHAのQY10を買いました。

    ――自分で「つくる」と思い立って、ギター一本ではなく打ち込み機材を買うあたり、現在の活動に繋がっていそうです。

    阿久津:
    たしかに、バンドから始めるという人が多いですよね。でも僕は、シンガーソングライターとして、ひたすら曲を作る必要がありました。TASCAMの8トラックカセットレコーダーを使ってたくさん曲を録音して、社長に聴かせていましたね。今より作り込みが甘かったこともあり、一日に何曲も作っていました。それと、当時は役者もやっていたのですが、自分にはとても難しくて……(笑)。「台詞が入ってくるタイミングがおかしい」などと怒られたりして、「人のテンポに合わせるのは難しいな」と感じていました。



    ――その当時は何曲くらい作っていましたか?

    阿久津:
    1年間で、200〜300曲作りましたが、いま聴くと本当にヒドいです(笑)。ずっと同じ音符を繰り返したりして。でも、当時はすごく良く出来ていると思っていたんですよね。社長も「ヒドい」と言わずに「おう、がんばれよ」と聴き続けてくれて。それを1年間くらい続けていたある日、「お、これ良いんじゃないか?」と言ってもらい、その曲をきっかけにソロデビューしました。全然売れなかったのですが、当時は織田哲郎さんや小室哲哉さんといった「J-POPプロデューサー・コンポーザー」が時代を牽引していたこともあり、自分もそういう風になりたいという気持ちを募らせるようになりました。

    ――そこから自身がプロデューサー・コンポーザー的な役割をしていたZEROが生まれたのですね。

    阿久津:
    ある日、社長から呼び出されたので「売れなかったからクビかな」と思ったんですけど、「お前の妹、いい声してるな」っていきなり言われて。どうやら妹が自分の知らないところで、勝手にデモテープを社長に送っていたらしいんです。その時、カーペンターズがドラマ主題歌に起用されて再評価されていたので、社長も「兄と妹で和製カーペンターズだ」とノリノリで。妹とはこの時、一緒に住んでいたのですが、おたがいに思春期でほとんど会話もなく、抵抗もあったので「嫌です」と断りました。ただ、社長が引き下がらなかったので「じゃあ、企画物ならいいですよ」と偉そうに言ってしまいました。そこで、「CMソングのタイアップ曲を作ってみないか」という話を頂いて、一日で50曲作って持っていきました。そこから選んでもらったのが「ゼロから歩き出そう」という曲で、CMを通じて大きな反響をいただいたこともあり、ZEROというユニットを組んでCDをリリースしました。

    ――同シングルは約30万枚という大ヒット作になりました。しかし、ユニットしての活動は3年ほどで終わっています。

    阿久津:
    自分のプロデューサー志向が強すぎて、気付かぬうちに妹を追い込んでしまったのだと思います。そこからは事務所に「クリエイターとしてやっていきたい」と話して、所属アーティストのコンペに参加させてもらうようになりました。でも、まったく曲が通らなくて。100〜200曲書いても採用されない期間が2年ほど続いたこともありました。その時はもともとRPGゲームが好きだったこともあり、『ファイナルファンタジーXI』にハマってしまいまして……。その世界の中でどんどん強くなっていって、スタッフの中で「健ちゃん最近見かけないね」「いや、元気でやってるよ。ヴァナ・ディール(ゲーム内の世界)に行くと、ナイトの格好でチョコボに乗ってケアル(回復魔法)をかけてくれるし」なんていうやりとりがあったくらい(笑)。

    ――ネットゲームはハマると大変そうですね(笑)。その後、バンド結成までにはどのような経緯がありましたか。

    阿久津:
    もちろん音楽をまったくしていなかったわけではないので、楽曲が決まらない焦りから、色んなジャンルの楽曲を聴き、様々なデモを作るようになりました。このタイミングでヒップホップやミクスチャーバンドを聴くようになり、ミクスチャーロックバンド・HAVのメンバーになりました。この時はバンドと並行して作家活動も行っていて、MAX、Folder5、w-inds.、FLAMEといったダンスものを得意とするアーティストに楽曲を提供していましたが、「ロックをやりたい」という気持ちが強く、当時結成されたばかりの中ノ森BANDを手がけることになりました。

    ――プレイヤーやコンポーザー、プロデュース業を並行するなかで、培ったものはなんですか。

    阿久津:
    HAVは、最初のころにアレンジも全部自分でやろうとしていたのですが、それが原因でメンバーと衝突したりして。ZEROの時と同じになりそうだったので、自分を柔軟にするようにして、アイデアを出し合う感覚でバンドを続けることができました。中ノ森BANDでは、作家として女性アーティストへの歌詞の書き方が身に付きました。現在PASSPO☆で書いている歌詞の原点は中ノ森BANDにあって、ガールズロックの詩を真剣に書き始めたのがこの時期です。おそらく、この2グループを両方とも聴いている人はなかなかいないでしょうが、もし中ノ森BANDを知っている人がPASSPO☆を聴けば、両グループの歌詞が繋がっていることを感じて貰えると思います。

    ――女性目線の歌詞を書くにあたって、どのようなインプットをしましたか。

    阿久津:
    恋愛経験や、女友達から相談に乗るなかで、女の子の意見をしっかり聞くようにしました。日常生活でも「こういうとき、女の子ならどう考える?」というのを意識するようになって、たとえば自分が経験した恋愛でも、その時の反省点を相手側の立場から書くなどしていました。「視点をひっくり返す」ということをすごく意識しましたね。そうすることで自分の書く歌詞も、抽象的なものからより具体的で身近なものへと変化していきました。

    ――ZERO解散からHAV結成まで、様々なジャンルを通り、中ノ森BANDでは女性目線の歌詞を学んだと。そしてHAVは2005年に解散し、以降は作家としての活動が続きます。

    阿久津:
    自分は我が強かったのだと思います。自分はこうしたい、こうあるべき、というモチベーションも押し付けていたし、もっとこうしなきゃダメだろ、みたいなことも毎日、喧嘩のように繰り返していたし。いま振り返ると、ZEROの時の妹にしても、HAVの時のバンドにしても、自分の我が強かった。そうした経験を通じて、自分はバンド向きじゃないと気付きました。



    ――では、どんな適正があると思ったのでしょうか。

    阿久津:
    「一人ですべてをつくるタイプのプロデューサー」ですね。プロデューサーにも、自分の曲をスタジオに持って行って、色んなミュージシャン・プレイヤーとセッションしてアレンジを組み上げていくタイプと、最初からアレンジの構想ができていてそのまま完成させるタイプがいて、自分は後者でした。

    ――なるほど。具体的なフローはどのような感じですか。

    阿久津:
    最初の頃はひとつずつ、ギターのフレーズやドラムのトラックを重ねて作っていましたが、色んなDAWを使うなかでPro Toolsに出会ったことで、こだわりが強くなり、1曲のデモに時間がかかるようになった。そのうちに、はじめから完成形をイメージして、一気に打ち込んでいくというフローになりました。

    ――頭にイメージしたものを短時間でつくりあげていくということですね。

    阿久津:
    ひとつひとつの音を考えながら打ち込んでいると、途中で変えるのも昔と違って面倒になってきたので、打ち込む音をイメージしてから作業するという形に変わったんです。もちろんそれは締め切りなどの時間的な問題もあり、そうしないと間に合わないという環境だからこそ身についたものでもあります。

    ――かなり難易度の高い方法に思えます。1日で50曲を作るなど、アイデアを出すのは早いタイプなのでは。

    阿久津:
    そうですかね……(笑)。でも、それはやはり経験だと思います。事務所の社長には「駄作でもなんでも良いから、とにかくたくさん作れ」ということを言われていましたし、1曲では使えない作品も、1フレーズや1セクションなら後々使い回しができることもあります。そういう意味で、デモを大量に作ったことは、財産になっていると思います。

    ――HAV活動停止からプロデューサーとしてPASSPO☆に行き着くまでに得たものはありましたか。

    阿久津:
    当時の事務所は自前のタレントに曲を提供することができたりして、フリーの作家がコンペに出すよりは良い環境で仕事をさせていただきました。でも、もっと多くのアーティストに対して自分の実力を試したかったのと、最後までアーティストとして活動することを僕に勧めてくださっていた社長の期待に100%応えられなかったのが申し訳なかった、ということもあります。そこから縁あって、+Plusの音楽プロデュースからマネジメントまですべて手がけることになりました。その話を受けて、初めてマネージャー業務もやりましたし、イベントのブッキングでは、知っているライブハウスに片っ端から電話をかけたり、プロモーションからホームページ更新からファンクラブ運営までやっていました。そこで、アーティストとして当たり前にあったホームページやライブが、こうやって組んでいかないと動かないのだと分かり、考え方も大きく変わりました。

    ――その考え方は制作物にも影響しましたか。

    阿久津:
    いままでは、自分の作ったものがリリースされても、そこまで興味が沸かなかったし、ライブで演奏されることに対しても無自覚でしたが、バンドのマネジメントをするようになり、ライブでリリースより先に曲を披露したり、そこでファンの方のリアクションを受けたりすることで考え方が変わりました。ちょうどそのタイミングでPASSPO☆の楽曲プロデュース依頼も来て、彼女たちも毎週末のようにイベントへ出演するようなグループだったので、ライブ主体の曲作りになっていったように思います。昔はもっとマニアックで、メロやコードにとにかくこだわっていて、「このコードの展開は誰もやっていないだろう」とか「とりあえずテンションコード使っておこう」といった作り方でした。でも、ライブ主体の作り方になって、「逆にシンプルなものがいいんだ」という感覚に変わっていきましたし、初見の方が多い対バンイベントやアイドルイベントにおいて、どれだけ一体感を作れて、引き込めるかを考えるようになったんです。

    ――PASSPO☆のクレジットを見ていると、初期ではほかの作家さんとの分業もしていますね。

    阿久津:
    それは前の事務所にいた頃で、制作チームで曲を作っているなかに、アレンジャーやマニピュレーターが常に一人いたので、アレンジを最終まで仕上げるということはありませんでした。自分で作るアレンジは「こういう感じで、ここだけは変えないで欲しくて、後は肉付けをお願いします」という要件を伝えるためのデモのようなもので。だからわりと曲だけ、詞だけという仕事が多かったんです。一人になってからは、全部自分で完成させなくてはいけないという状況が増えましたが、かといってクオリティに変化はないと思います。事務所に所属していた頃から、完成品レベルのデモは作っていたので。




    >「平均点が上がってからのデモは財産」 阿久津健太郎が明かすPASSPO☆新作制作秘話と作家としての矜持(後編)


    阿久津健太郎

    シンガーソングライター、音楽プロデューサー、ギタリスト。東京都新宿区四谷出身。 兄妹2人組音楽ユニットZERO、男性5人組ミクスチャー・ロックバンドHAVの元メンバー。
    俳優としても活動した。
    1991年、第4回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞受賞を機に正式に芸能界入り。
    1992年10月15日、フジテレビ系ドラマ『放課後』で俳優デビュー。
    1995年2月22日、シンガーソングライターとしてシングル「夢をこの手に〜Dream Again〜」をリリース。
    1996年5月22日、妹の阿久津愛(当時18歳)をメインヴォーカルに据えた兄妹2人組ユニットZEROとしてシングル「ゼロから歩き出そう」をリリース。安室奈美恵出演のロッテ「シュガーレスチョコレートZERO」、「シュガーレスアイスZERO」のCMソングに起用された事もあり約30万枚を売り上げた。
    1999年、ZERO解散。その後ライジングプロダクション及びヴィジョンファクトリー所属アーティストの作詞・作曲を手掛ける。
    2003年3月10日、男性5人組ミクスチャー・ロックバンドHAVのメンバーとしてシングル「YOU GONNA FEEL」をリリース。
    2005年6月、HAV活動停止。
    2011年5月16日、作詞・作曲を手掛けたぱすぽ☆のシングル「少女飛行」がオリコン週間ランキング1位を獲得した。
    オフィシャルブログ




    ▼人気関連記事

    >星野純一×あいみょん特別対談 プロデューサーとシンガーが語る楽曲の“美味しさ”
    >作詞家・小竹正人が明かす表現技法「三代目の作詞に関しては良い意味で公私混同」
    >インタビュー「ヒャダイン」ひとつひとつ、悔いのないベストをつくることが大切



    2015.06.26

  • search


page uppage up