Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • Hiroki Sagawaが手掛ける切ない楽曲の“核”とは?「発注に合わせるよりも、自分がいいと思ったことをやり続けることが大事」(前編)
    Flowerの代表曲といえる「白雪姫」や、乃木坂46の「命は美しい」のほか、塩ノ谷早耶香、東京女子流などの楽曲を手掛け、第54回日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞した三代目J Soul Brothersの「花火」で作曲を務めたHiroki Sagawa from Asiatic Ochestra(以下、Sagawa)。Dj MIBUROとのプロデューサーチームであるAsiatic Ochestraやソロ名義での作曲で切なくキャッチ―なメロディを多く生み出す彼が、音楽作家として大事にしていることとは。今回のインタビュー前編では、Hiroki Sagawaの経歴を読み解くとともに、楽曲の核にある“ヨナ抜き音階”の使い方やそのルーツに迫った。

    取材・文:中村拓海
    写真:下屋敷和文


    ――まずはHiroki Sagawaさんが音楽と触れ合った原点から聞かせてください。

    Sagawa:
    母親がオルガン/キーボード奏者で、子どもの頃からイベントだったり、結婚式場だったりで演奏する姿を観てきたんです。そうすると、自分もやりたくなってきて。それで、母親に教えてもらいながらピアノを弾いていました。「いつから」という感覚はなく、気がつけば自然と音楽に触れていた、という感じです。ヘタクソでしたけどね(笑)。

    ――常に音楽がともにあったと。当時はどんな音楽を聴いていたのでしょうか。

    Sagawa:
    母親がユーミン(松任谷由実)が好きだったので、家でも車の中でも、常に流れていました。自分が初めて買ったCDも『春よ、来い』で、わりと今のスタイルに直結している気もしますね。ユーミンの曲の中でも特に「やべえ! 超いい曲じゃん!」と感動したのがこの曲で。お小遣いで買ったのをよく覚えています。

    ――なるほど。楽曲の世界観に通じる部分があり、すごく腑に落ちました。中学時代からバンドを組まれていたそうですね。

    Sagawa:
    当時はメロコアなど、バンド編成のものが中心でした。そのうちにオリジナルバンドをやるようになって、最初は独学だったのですが、センスだけでやるのではなく理論をちゃんと知りたいと思うようになって。それで16歳のときに、作曲家の野村茎一さんに師事して、作曲を学びました。同時に、リンキン・パークとかリンプ・ビズキットとか、わりとデジタル音とかミクスチャーっぽいものもカッコいいなと思うようになったんですけど、どう考えてもバンド編成だとその音が出ないんですよね。それでMacを買ってみたものの、アナログ人間でギターのエフェクターもよくわからないくらいだったから、何が何だかわからなくて(笑)。ただ、GarageBandでなんとなく曲を作ってみたら、それがすごく楽しかったんです。それで、自分でバンドをやるより、人に楽曲を提供したい、という思いが芽生えたんですよね。そうして代々木にある音楽の専門学校・パンスクールミュージックのDTM科に入って。そういう流れで、プロになろうと思うようになりました。

    ――少し細かく聞いていきたいのですが、野村茎一さんに師事したきっかけとは?

    Sagawa:
    ジャズピアノを習っていて、その先生に「バンドをやっていて、作曲もやってみたい」と話したら、野村先生を紹介してもらえて。専門学校時代も平行して教えてもらっていました。学校の方で理論と機材関係を学んで、わからないところがあれば野村先生に聞く、という感じでした。周りがみんな優秀で、僕はついていくのに必死だったんですよ。授業を数回欠席したら卒業できない、みたいな厳しい学校だったこともあって、当時は絶対卒業できないと思っていました(笑)。

    ――ユーミンからメロコアへ、というのは興味の大きな変化だと思いますが、いつごろから聴く作品の幅が広がったのでしょうか。

    Sagawa:
    小学生のときにはGLAYやL’Arc~en~Cielが好きになって、それで「オレもバンドがやりたい!」と思ったんです。そこから興味が広がって、中学1年生でX JAPAN、BOØWY、LUNA SEAをコピーしていました。B’zを聴いたり、Mr.Bigを聴いたり、あとはDragon Ashとか。そこからミクスチャーに入って、リンプ、リンキン、ヒップホップも聴いて……と。貪欲に深掘りして聴いていくのではなくて、出会った音楽を浅く聴いていました。

    ――さて、実際にプロの作曲家になろうという段階で、どんなことに取り組まれたのでしょう。

    Sagawa:
    パンスクール時代には、作曲家になって楽曲提供をしたい、と思っていました。それで、「楽曲提供するにはどうすればいいんですか」と先生に聞いたら「とりあえず、音楽事務所とかに応募してみたら?」と言われて。それで手当たり次第、30社くらいに曲を送ってみたんですけど、ことごとくダメだったんです。1社だけ連絡が来たものの、金髪で紫色のスーツの人に「経歴ないよね」なんて説教されただけでした。

    ――そこから実際に仕事になったのは?

    Sagawa:
    事務所に入って、メジャーの有名なアーティストと仕事をしたい……という思いもあったのですが、もう自分でやるしかない、と考えて、今度はインディーズのラッパー、シンガーの方にとにかく連絡を取るようにしました。ちょうどmixiやMySpaceなどのSNSが普及し始めたころだったので、そこで自分の曲をアップロードしたり、アーティストにメールをしたりして。そうすると、メッセージを返してくれる人がいて、曲を持って会いに行っていました。


    ――当時はどんな曲を送っていたのですか?

    Sagawa:
    いろいろですね。歌入りのバラードもあれば、ヒップホップのトラックもあったり。そういうものをすべてMyspaceに上げて、URLを送っていました。そうすると、インディーズのシンガーさんに歌ってもらう機会が少しずつ出てきて。そんななかで、とあるラッパーの紹介で、いまAsiatic Orchestraでコンビを組んでいるDJ MIBUROさんを紹介してもらったんです。そうしたら意見が合って、一緒にやってみようということになって。

    ――それがMIBUROさんとの出会いだったのですね。

    Sagawa:
    はい。MIBUROさんはもともと浦和でクラブを経営していて、そのお客さんにRAP CREATIVEのクリエイターマネジメント部Vanirの元社長(※現在は会長)がいたんですよ。そのつながりで、小田桐ゆうきさん、Carlos K.さんというクリエイターに出会って、「僕もやりたい!」とデモを送って、自分もようやく入れてもらいました。

    ――そこでデビューが決まったということですね。最初の作品はどんなものでしたか。

    Sagawa:
    メジャーとしては、ポニーキャニオンの佐藤史果さんにAsiatic Orchestra名義で提供した「泣いて笑って」ですね。

    ――メジャーに採用されて以降、曲を作る上で何か変化はありましたか?

    Sagawa:
    時代の変化も合って使う音源は変わっていきましたが、自分のなかのこだわり、スタイルというのは絶対にブレちゃいけない、と思ってやってきました。ペンタトニックを基盤にした、いわゆるヨナ(四七)抜き音階なんですけど、七は割と入ってくるスタイルなんです。先ほど言った「春よ、来い」がヨナ抜きなんですけど、この曲に初めて衝撃を受けたのが大きかったんでしょうね。僕の曲、ヨナ抜きで音飛びが激しくて、歌いづらいと思うんですよ(笑)。でも、責任をもっていい曲を作りたいと思うと、どうしてもああいう感じになってしまうんです。

    ――すごく日本人の心に響くイメージがあります。

    Sagawa:
    野村先生に「日本人なんだから、日本人ができる音楽をやらなきゃいけない」と言われていたんです。ジャズピアニスト・秋吉敏子さんの演奏を聴きながら、「ほら、日本人だからこそできるジャズだろう」と。その時は、言葉では分かってもきちんと理解できていなかったんですけど、ずっと頭の片隅にあって、段々と理解できてきて。その上で、僕は「Hiroki Sagawa」にしかできない音楽をやりたい、と考えて、突き詰めている部分があったりします。

    ――和のテイストの原点がユーミンということですが、最先端のミクスチャーも作っているなかで、今風のポップスの原点はどこにあるのでしょうか?

    Sagawa:
    インディーズのアーティストから得たものが大きいですね。例えばダンスミュージックひとつとっても、インディーズの人たちはいろんなアプローチをしていますから。いま、クロスオーバーできているのは、当時の経験があったからだと思います。結果オーライ、というか。メジャーなアーティストだと、Nujabesの影響は大きいと思います。<IN YA MELLOW TONE>シリーズなども、ジャジーヒップホップの要素があって。

    ――最初にSagawaさんの曲を聴いたとき、確かにNujabes的なイメージは感じました。

    Sagawa:
    そうなんですよね。より歌謡的な要素が強いのは、やっぱり子どものころに母親に聞かされていたユーミンの影響で。自分にしかできないことを追求するというのは、これまで培ってきたものに素直になることだと思うんです。自信を持って「こういう音楽をやっています」と言えるというか。


    ――どうやったらコンペに通るか、と悩んでいる若い作曲家も多いと思います。Sagawaさんは、どんなところを突破口にしてきたのでしょうか。

    Sagawa:
    僕はきっちりコンペの内容に合わせるのが本当に苦手なんです。例えば「明るい曲」という発注があっても、得意なのは切ない曲だから、どっちつかずのものになってしまって。一応明るいメロディを意識しても、内面にある好みが悲しいメロディで、「こっちの方がカッコいいでしょ」と思ってしまうんですよね。ただ、発注に合わせるよりも、自分がいいと思ったことをやり続ける、ブレないことが大事だと思うんです。それでコンペに落ちたとしても、中途半端なものを出すよりよっぽどいい。発注と真逆の内容でも、めちゃくちゃいい曲が作れるんだったら、別のところで使ってもらえる可能性もありますから。

    僕もいまだにブレそうになるときがあるんです。そういうときは一度休憩して、「自分がやりたいことは何なのか」と考える。依頼された内容になるべく沿うことはもちろん大事だけれど、作家の個性が入って初めていいものができると信じているから、個性は消しちゃいけないと思っています。ただ、これは本当に人それぞれで、「発注に完璧に応えるべきだ」という気持ちも、すごくよく分かります。

    ――幅広い作風で、いい曲を書く方もいますね。

    Sagawa:
    そうなんです。ただ僕のポリシーとして、例えば友だちが聴いたときに、なんとなく「あいつの曲だな」と分かるようにはしていきたいですね。

    ――仕事が重なって詰まっているときに、モチベーションをどう保つか、ということも伺いたいと思います。

    Sagawa:
    それは難しくて、僕自身もけっこう知りたいところですね(笑)。とにかく根性という部分もありますけど、時間がなくても息抜きに散歩をしたり、というのは心がけています。時間がないからといって詰め込んで続けているより、気分転換の時間を取った方が結果的に早かった、ということもあって。ただ、そのまま遊びに行っちゃいけない(笑)。気を抜きすぎず、フラッと出かけるくらいがいいんです。

    ▼プロフィール

    Hiroki Sagawa
    2015年
    乃木坂46「命は美しい/ 作曲」(2015年3月18日)
    三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S.~秋桜~/作曲」(シングル「PLANET SEVEN」2015年1月28日)

    2014年
    三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S.~秋桜~/ 作曲」(シングル「C.O.S.M.O.S.~秋桜~」2014年10月15日)
    三代目J Soul Brothers「冬物語/ 作曲」(アルバム「BLUE IMPACT」2014年1月1日)
    Flower「太陽と向日葵/ 作曲」「白雪姫/ 作曲」(アルバム「Flower」2014年1月22日)

    2013年
    三代目J Soul Brothers「花火 / 作曲」(テレビ朝日系・お願い! ランキングED テーマ)
    三代目J Soul Brothers「冬物語/ 作曲」(シングル・2013 年10 月30 日)
    ハウステンボス・光の王国編CM ソング日本テレビ系・PON! ED テーマ

    Flower「太陽と向日葵/ 作曲」(シングル「太陽と向日葵」2013年8月7日)
    Flower「白雪姫/ 作曲」(シングル「白雪姫」)
    Flower「白雪姫(orchestra mix)/ 作曲」(シングル「秋風のアンサー」(2013年8月7日)

    2012年
    三代目J Soul Brothers「花火 / 作曲」EXILE TRIBE「2013 SUMMER BEST (mu-mo 配信期間限定 )
    テレビ朝日系・お願い! ランキング2012年8月度ED テーマ

    【Twitter】
    https://twitter.com/hiroki_sagawa
    【アメーバブログ】
    http://ameblo.jp/hiroki-sagawa/




    2016.04.12

  • search


page uppage up