Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • 「ほんの一瞬だけど、ものすごく違和感のある音を忍ばせる」 SiZKが楽曲に込める“自分らしさ”を語る(後編)
    山本領平のトラックメイキングでデビューし、AAAやSexyZone、西野カナ、BENNIE K、など、様々なジャンルの楽曲を手がけるコンポーザー/アレンジャー、SiZK。ヴォーカルを「フレーズ」としてとらえ、先鋭的かつ美しいサウンドスケープを作り出す彼の手腕は、多くの人々を魅了し続けている。インタビュー前編では彼の音楽的ルーツについて振り返ってもらったが、後編は、実際のトラックメイキング方法や、現在注目している若手クリエーターについてなど、たっぷりと語ってもらった。

    >SiZKが音楽作家・アーティストの間で揺れた境界線とは? 「少しでも『自分』を出そうとあがいてた」(前編)


    取材・文:黒田隆憲
    写真:竹内洋平


    ――山本領平さんの「Set Free」を手がけたことで、状況はガラッと変わりましたか?

    SiZK:
    変わるかな、と思ったんですけどそんなには変わらなかったですね。当時は同じ事務所にいたTATE & MARKIEっていうアーティストや、新人の女の子のデモを作ることを始めていました。そこから徐々にっていう感じですね。

    ――当時は、ボーカルに寄り添ったオケというより、オケのみで完結できるようなトラックを作っていたのですね。

    SiZK:
    そうです。ボーカルのこととか全然考えてなくて、本当、ごめんなさい!っていう感じ(笑)。僕が面白いと思ったサウンドを、「これ、どうスか?」って提示する気持ちが強かった。若気の至りってところもありますけど、そこを喜んでもらえてたっていうのもあったと思います。何も考えずにやってたことが、うまく転がってくれたというか。

    ――例えば?

    SiZK:
    領平さんが所属していたARTIMAGE所属の、Heartsdales(ラッパーの姉妹によるユニット)の楽曲の、コンペをいただいたんですね。ラッパーという性質上、サビしかメロディがないわけです。それまでは、メロディが作れないから歌モノには参加してなかったんですけど、「サビだけなら作れるんじゃないか」と。それでコンペに参加したら採用されて。基本インストなんだけど、サビだけメロディがある。普通の歌モノよりは負担が少なかったんですよね。これに参加したことによって気に入ってもらえて、その辺から転がり方に勢いが出てきましたね。

    ――ところで、SiZKさんの普段の曲作りの方法は?

    SiZK:
    大抵は頭の中で、楽曲のテーマを最初にざっくりと決めます。曲調はこんな感じで、BPMはこのぐらいで、っていうふうに。そこから先は実際に指を動かしていく作業ですね。



    ――曲作りで使用している機材を教えて下さい。

    SiZK:
    DAWソフトはDigital Performerです。これは、専門学校で使う教材がDPだったので、それで覚えてしまったっていうのが一番の理由ですね(笑)。あと、MTRっぽく使えるのが気に入っていますね。ローランドVS-880を使ってたときの延長で使えるというか。あとは、ハード機材のパッチリストが充実しているので、DP側でプリセット音源を管理できるのがとても便利なんですよね。

    ――特に手放せない機材というか、SiZKサウンドの要になっているモノは?

    SiZK:
    僕は、ヤマハのMotif Rack ESと、ローランドXV5080。二十歳くらいに買ったんですけど、それは未だにないと困りますね。めちゃくちゃ古い機材でもないし、いわゆるPCMシンセなのでアナログシンセとも違うのですが、オケの中で主張せずに馴染んでくれる。その塩梅がちょうどいいんですよね。

    ――学生の頃の、「生楽器が苦手」という意識はその後どうなりましたか。

    SiZK:
    今は大好きですね(笑)。むしろ、なぜあんなに嫌っていたのか不思議なくらいです。そういう意味では、当時と考え方は180度変わっていますね。ちなみに生楽器の魅力を再確認できたのは、★STAR GUiTARを始めたことが大きい。あろ、僕が人によく「弱点」だと指摘されていたのがベースなんですよ。それがようやく克服できたなと思えたのは、つい最近のことで。

    ――弱いというのは、ベースのフレージング的な意味で?

    SiZK:
    それも含めてです。おそらく、クラブで体感してこなかったのが大きいんじゃないかなと。体感したことによって、どんどんクラブ仕様の音になっていくのが分かりました。

    ――それって何が変わってくるんですかね。

    SiZK:
    フロア出かけたときの迫力、キックの振動やベースの低音部ですね。自分の曲と、他の曲をクラブでかけ比べてみて、少しずつ改善していくということをやっていたんですよね。そのうち、どうやれば欲しい帯域を響かせられるのかが実感としてわかってくる。そうすると、他の楽器で弱点をごまかすこともなくなり、ひとつひとつの音が太く存在感のあるものになったと思います。

    ――ちなみに、「この人のキックやベースはヤバイ!」と思ったのは?

    SiZK:
    メジャーどころだと、僕はZEDDだと思いますね。あの人は、すごいグルーヴ感と音色の美しさが両立しているんですよ。結構、生楽器の素養がちゃんとあるかどうかも大きいですね。それがある上でトラックを作ってる人は、そうじゃない人と比べてトラックのクオリティが全然違うんですよね。

    ――メロディ作りに関しては、今はどんなふうに考えてますか。

    SiZK:
    未だに僕は、メロディよりも楽器の音が好きなんです(笑)。だったら、メロディが得意な人と作業を分担したほうがいいんじゃないかって思っていますね。最近は「コライト=(共作)」という形態が増えていますけど、僕の場合は山本領平さんの「Set Free」からはじまり、HeartsdalesやBENNIE Kさんなどヒップホップ系のアーティストとのコライトを主にやっていたので、違和感なく作業ができるのだと思います。自分の苦手なところを克服するより、得意な部分を伸ばしたほうが、結果的に仕事も広がるんじゃないかな、と。

    ――コライトの楽しさはどこにあると思いますか?

    SiZK:
    自分では予想もつかないところまでいけることですかね。自分一人だと、何をやるか大抵予測できちゃうじゃないですか。それよりも「そういうフレーズできたか!」とか驚けたほうが新鮮だし楽しい。もちろん、一人でちゃんと出来ることが前提で、その上で一緒にやるとクオリティは確実に上がりますよね。最近だとスティーブン・マクネアと一緒に曲を作ることが多いのですが、彼が僕の自宅スタジオにやってきて、ひたすら鼻歌で自由に歌ったフレーズを僕がジャッジしていく、というやり方で作っています。

    ――パズルを組み立てるように、ということですかね。

    SiZK:
    まさにそうですね。彼の鼻歌を全て録っておいて、「Aメロのこの部分がちょっと弱いので、さっきの鼻歌のこの部分をはめ込んで」みたいなやり方でつなげていって。1曲分のテイクが完成したら、それをスティーブンに持ち帰ってもらい、それを彼が自分のスタジオで仕上げたものを、最終的に僕がミックスするというやり方。メロディを素材としてとらえ、サンプリングしている感覚にも近いかもしれないですね。

    ――★STAR GUiTAR名義のアルバム『Schrödinger's Scale』では、MELTEN(fox capture plan)や世武裕子さんなど、いわゆる職業作家とは違う人たちともコラボしていますが、それによって得たことってありますか?

    SiZK:
    メチャクチャありますね。彼らはアーティストなので、「その人らしさ」というものを強くもっているから、そことある意味では戦いたいと思ったんです。引き立て合うのではなく、ぶつかり合って混ざりたい、というか。お互いの個性が共存している楽曲を目指しました。そういう意味ではものすごく刺激になりましたね。彼らから教えてもらったのは、まさに「セッションの楽しさ」です。

    ――『Wherever I am』ではLASTorderとも共作していますが、他に日本の若手トラックメーカーで注目しているのは誰でしょう。

    SiZK:
    TeddyLoidくんとか。あと<Maltine Records>の音源はよくダウンロードして聞いていますね。接点は全然ないんですけど、Pa's Lam Systemとか普通にリスナーとして好きです。意外に思われるかもしれないんですけど、SoundCloudやBandcampを掘ったり、それで気に入った音源を買ったりすることもありますよ。ちなみに、『Wherever I am』でfox capture planと一緒にやった「The Curtain Rises」という曲があって、あのFuture Bassな感じは、まさにそういう中でWave Racerに影響を受けたものなんですよね。Wave Racer、大好きなんです(笑)。

    ――マンネリ脱出じゃないですけど、新たなアイデアを得るための秘訣みたいなものはありますか?

    SiZK:
    最近楽しいと思っているのは、車の中でラジオを聴くことですね。ラジオって、自発的に曲を選ぶのではなく向こうから勝手に流れてくるものじゃないですか。そうすると、「あ、これなんていう曲だろう」とか「これ、今やったら新鮮かも」とか、いろんな気づきがあるんです。そういうときは車を停めてメモしたり、Shazamしたりすることはよくありますね。



    ――SiZKさんらしさを出すために、曲の中でやっていることを教えて下さい。

    SiZK:
    もう解散してしまった、BRIGHTっていう関西出身の女の子4人組ダンスボーカルグループの曲を作っていたとき、メンバーに言われたことがあって。「SiZKさんて、それだけで聞くとよく分からない、グチャグチャした音を入れますよね?」って(笑)。確かにそれは、僕もねらってやっているんですよね。ほんの一瞬なんですけど、ものすごく違和感のある音を忍ばせたりっていうのは結構いろんなところでやってる。それが僕らしさにもなっていると思いますね。

    ――では最後に、自分でも曲を作っている人たちにアドバイスをお願いします。

    SiZK:
    今僕は、OTOTOY企画の『ONE OUR TRAVEL』という番組をやってるんですよ。1時間で曲を作ってアレンジ、ミックスそしてマスタリングまで終わらせるっていう。それを見てもらうとわかると思うんですけど、今ってアマチュアもプロも機材ってほとんど変わらないんですよね。じゃあ、違いってなんだろう? っていうところで、見て参考にしてもらえたらと思いますね。結構、機材の使い方やテクなんかも披露しているので。



    SiZK(★STAR GUiTAR)

    プロデューサー / アレンジャーのSiZKによるソロプロジェクト。
    2010年8月「Brain Function feat. Azumi from yolica」でデビューし、 2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。 テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開する。
    2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、 コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。 90年代のテクノ・ミュージックをベースに、 fox capture plan のキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Z のキーボードとして時代を築き、現在 はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz 」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、 ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。
    オフィシャルサイト



    ▼人気関連記事

    >阿久津健太郎が語る、プロデューサー・作家としての半生
    >星野純一×あいみょん特別対談 プロデューサーとシンガーが語る楽曲の“美味しさ”
    >多田慎也×NAOKI-Tが語る音楽遍歴と作家活動の目覚め
    >作詞家・小竹正人が明かす表現技法「三代目の作詞に関しては良い意味で公私混同」
    >インタビュー「ヒャダイン」ひとつひとつ、悔いのないベストをつくることが大切




    2015.12.04

  • search


page uppage up