Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


special

  • L-m-Tとイワツボコーダイが語る、音楽との適切な距離感とは? 「長く続けていくためには強烈に追い込まない」(前編)
    Sonar Pocketや関ジャニ∞、西野カナなどの作・編曲に携わるKAYと、Kis-My-Ft2や剛力彩芽、カスタマイZなどを手掛けるGRPによるユニット“L-m-T”と、Hey! Say! JUMPやKARAなどの楽曲を制作し、L-m-Tの2人とも仲の良いイワツボコーダイ(以下:イワツボ)による対談。前編では、彼らのキャリアやプロとして踏み出した一歩目、ぶつかった壁や音楽との距離感などについて、じっくりと語ってもらった。
    取材・文:中村拓海
    写真:竹内洋平


    ――3人は、それぞれどういうきっかけで音楽に触れたのでしょうか。

    GRP:
    僕は、子供のころに学童保育へ入っていて、毎日先生のピアノを聴いてたんです。そこからピアノに興味を持って、たまたま家にあったアップライトピアノを使って、耳コピを始めたのが音楽の原体験ですね。でも、そのころは楽譜が読めなかったので、家にあった中島みゆきの楽譜を見て勉強して。あと、当時は世間がバンドブームの渦中にあったので、小学校6年生の時にバンドを組んで、そこではギターを弾いていました。一日8時間くらいは練習していましたね。
    イワツボ:
    僕は、父親がクラシックギターを弾き語りしていたこともあり、小学生のころから家にあったギターとコード本を見て歌っていました。その本に載っていたのは、バンバンの「「いちご白書」をもう一度」や中島みゆきの「時代」あたりの歌謡曲と呼べるもので、この辺りの楽曲をかなりコピーしていたことが、自分の作曲に繋がっていると思います。
    KAY:
    僕は3歳から、母親にクラシックピアノ教室に通わされていました。そこで弾いていたクラシックピアノが音楽を始めたきっかけです。二人みたいに歌謡曲は通っていなかったですし、クラシック特有なんですけど、譜面で弾くことしかできなかったので、コードの勉強もしていなかったんです。なので、強いて言うなら、リストとかバッハが原点といえますけど、僕の曲にはそんな感じは出てないと思います(笑)。バンドブームといえば、僕も中学時代はバンドを組んでギターやボーカルをしていました。
    イワツボ:
    僕もバンドをやっていました。当時はCDレンタルが始まったくらいで、毎週10枚~20枚のCDを借りて聴くことでどんどん音楽にハマっていきましたね。あ、ちなみに2人は『バンドやろうぜ』って読んでた? あの雑誌を毎月買って、GLAYやL'Arc〜en〜Cielのコピーをするのが楽しかったです。
    GRP:
    あったあった。懐かしい! あと、僕ら世代だと、高校生くらいで小室哲哉さんや浅倉大介さんに代表される、J-POPのブームが来るんですよ。僕もそれに乗っかるように、ヤマハのEOS-B2000というシンセサイザーを無理言っておじいちゃんに誕生日プレゼントで買ってもらいました(笑)。だけど、さすがにDTM機材はものすごく高くて買えなかったので、EOS-B2000を使ってシーケンスを組んで、打ち込みを勉強していました。
    KAY:
    あと、高校時代だと、ゆずや19のカバーをしていた人も多かったんじゃないですかね。僕もそうでしたし。



    ――3人のうち、KAYさんとGRPさんは“L-m-T”というユニットでも活躍していますが、お2人が出会ったのは高校時代だと伺いました。

    KAY:
    そうですね。16歳のときでした。一緒の高校で、同じコースの別クラスだったんです。
    GRP:
    こいつが頭良くて、僕は悪いほうでした(笑)。たまたまKAYがピアノを弾けると知っていて、仲間内からの紹介もあって、一緒にバンドをやることになりました。高校は2人とも途中で辞めてしまったのですが、僕はその後、音楽大学のクラシックコース(クラシック科?)に入って、映像と音楽を学んでいて、KAYとは連絡を取っていなかったのですが、ある日地元の楽器店で偶然再会して。
    KAY:
    そのころはトラックの運転助手をしていて、音楽からは完全に離れていました。
    GRP:
    でも、「将来何やりたい?」って聞いたら「音楽プロデューサー」って答えたんですよ。だから「同じ大学来れば?」と誘って、結果的に一つ下の学年として入学してくることになったんです。そこから、個人や2人でトラックを作ったりして、同じ大学に通っているクラブシンガーのトラックを作ることが増えてきましたね。
    KAY:
    GRPから誘われたくらいの時期に、もう母親からは「この子の音楽人生は終わった」と思われていたのですが、僕が「音大に入りたい」と言うと、すごく喜んでくれたんです。その反応を見て、後押しされた部分もありますね。だから、あそこでGRPに会ってなければ、確実にデコトラの運転手をしていたと思います。
    イワツボ:
    子供5人くらいいそう(笑)
    GRP:
    そう考えると、出会ってからもう15年経ってるわけですよね……。長いなあ(笑)。

    ――イワツボさんは鹿児島県から上京してきたのが20歳を目前にしてのことですよね。そのきっかけは何だったのでしょう?

    イワツボ:
    2人みたいにクラブシンガーと会う機会なんてなかったので、バンドしか選択肢はありませんでした。でも、音楽で仕事はしたいと思っていたので、YAMAHAが主催する『TEENS' MUSIC FESTIVAL』に参加したら、全国大会に出場出来て、渋谷公会堂の地を踏むことができたんです。何か賞をもらうことはなかったのですが、これをきっかけに上京しようと思い、期間を空けずに東京へ出てきました。ただ、どこにデモテープを送っても連絡を貰えなくて、結局のところバンドは1年弱で解散したんです。次にスタジオミューシャンを目指したのですが、上には上がいることを思い知らされて心が折れました。そこからジャズにハマって、ギタリストとして食べていくことを志したのですが、これもダメで。でも、もともと一緒にバンドをやっていた友人は上手くいっていたので、彼に相談したら「じゃあ作曲やりなよ」と言われたんです。そこから初めてパソコンを買って、25歳にして初めてDTMに触れました。



    ――では、みなさんが、実際にプロとしての一歩を踏み出したきっかけを教えてください。

    GRP:
    大学時代に、ラッパーやシンガーと一緒にチームを作って、借りた一軒家に集まって創作活動をしていたんです。その時に自分のお金でパソコンを買ったのですが、プロの方に「ちゃんとしたパソコンを買ったほうが良い」と言われて、初代のMac Proを勧められました。当時は70万弱だったので、「高いですわ」と返したら、その方から「自分の将来に投資できないやつが、どうやって金を稼ぐんだ」と怒られました。僕もそれにカチンときて、見切り発車でローンを組んでMac Proを買ったんです。そこからいろんな音楽を作って、Spontaniaと知り合い、彼らの楽曲を手掛けたことがメジャーアーティストとの初仕事となりました。でも、彼らとの仕事もスムーズに決まったわけではなくて、曲を送り続けてようやく念願叶ったという感じだったんです。
    イワツボ:
    その頃って、メールで送り続けてた?
    GRP:
    いや、データですね。トラックの入ったCDとメールアドレスの書いた紙をセットにして、他の方にもクラブで渡して。でも、ある人からはわざわざメールで「才能無いで。音楽辞めたほうがいいんじゃない?」と言われたりして凹んだときもありました。まあ、実際その時はリクエストにしっかり応える力が無かったのだと思います。
    KAY:
    「イメージが出来ても、それを再現できない」って言うてたよね。DTMも自己流やったし。



    ――そこから抜け出した瞬間というのはあったのでしょうか?

    GRP:
    とにかく一つ一つ、ダメ出しされた部分を潰していくしかなかったですね。それは現在も変わらないかもしれません。
    KAY:
    僕は、苦労を感じた瞬間はないんですよね。というより、苦だと思うようになったら、音楽を嫌いになりそうな気がするんです。だから、なるべく良い距離感を保っておきたくて。産みの苦しみは多少あるけど、長く続けていくためにあまり強烈に追い込んだりもしません。
    イワツボ:
    こういう仕事って、一人でずっと作ってるから、精神的にうまい方向へもっていかないと、心を病んじゃうと思うので、KAYくんの考え方はキャリアを継続させるための一つの方法だよね。
    GRP:
    正解がないからね。今作っているものが良いか悪いかは、自分の判断だけではわからないし。ただ、完成まで作ったものに自信を持つことができれば、ダメだと言われてもなんとも思わなくなります。今は音楽業界の移り変わり自体も早くて、1曲作って送って、そこからじっと待つような時代でもないですし、どんどん立ち止まらずに作っていくことが重要だと思います。
    イワツボ:
    考えすぎたら、やっぱり大きく踏み出せないよね。その辺りも上手く考えられる人が生き残っていくと思う。

    ――3人の共通点として、複数回コライトを行っていることが挙げられますが、先ほどの産みの苦しみは、やはり複数人で作業すると解消されるものでしょうか?

    KAY:
    これはもう、100%解消しますね。
    GRP:
    いや、180%やろ(笑)。自分にない才能を持っている人から面白いアイディアを貰えるので、「こうなるか!」みたいなワクワク感を常に貰えます。
    イワツボ:
    イワツボ:そうですね。それに、決まった時や、世に出たときに、一人で喜ぶより、2人、3人でハイタッチするほうが嬉しい。もちろん金銭面を考えると一人のほうが良いでしょうけど、やはり寂しい部分もあるんですよね。まあ、最初は抵抗もありましたが。



    >「音楽だけで食べていこうというのが、正解という時代でもない」 L-m-Tとイワツボコーダイが予測する音楽作家の未来とは?(後編)

    イワツボ コーダイ

    Birth 1984.3.5 鹿児島出身
    作曲・作詞・編曲・プロデュース全てをこなす。 特に、歌謡テイストのメロディー作りを得意とし、コライトでは主にトップラインを担当。
    バンド出身で楽器はギター、ソフトはcubaseを使用。
    オフィシャルサイト


    KAY

    大阪府出身。高校時代より作曲、編曲を始める。
    音楽大学卒業後は音楽スクールの講師をやりながらフリーランスの作曲家として活動を始め、 ソナーポケットの「好きだよ。~100 回の後悔~」の作曲をきっかけに本格的に作曲、編曲家を志し上京。
    その後もソナーポケットの多数の楽曲に関わり、 加えて現在も「関ジャニ∞」「KAT-TUN」「西野カナ」等多くのアーティストに楽曲提供を行う。
    オフィシャルサイト



    GRP

    高校卒業後、相愛大学音楽学部作曲専攻に入学。
    卒業後本格的に作家活動を開始し、KAT-TUN やソナーポケットなど 様々なアーティストの楽曲を手掛ける。
    また、様々な楽器を多彩に使いこなすことを武器として幅広い作家活動を展開しているほか、 現在は特技の楽器演奏を生かし作家活動に加えて アーティストのサポートキーボーディスト、ギタリストとしても活動する。
    多方面にわたり活躍するマルチクリエーター。
    オフィシャルサイト


    ▼人気関連記事

    >阿久津健太郎が語る、プロデューサー・作家としての半生
    >星野純一×あいみょん特別対談 プロデューサーとシンガーが語る楽曲の“美味しさ”
    >多田慎也×NAOKI-Tが語る音楽遍歴と作家活動の目覚め
    >作詞家・小竹正人が明かす表現技法「三代目の作詞に関しては良い意味で公私混同」
    >インタビュー「ヒャダイン」ひとつひとつ、悔いのないベストをつくることが大切




    2015.12.10

  • search


page uppage up