Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


column

  • 伊橋成哉楽曲徹底分析 スキマスイッチ「藍」
    この曲はスキマスイッチさんの3枚目のオリジナルアルバム『夕風ブレンド』の1曲目の楽曲になります。

    曲自体はシングル!! という感じではないのですが、きっとファンの中では、ベストソングの20位に入っていた記憶があります。

    この曲の魅力を上げるとしたら、2つ。

    歌詞の「ai」という音を様々な言葉で表現している事。
    いわゆる「ダブルミーニング」や「韻を踏む」という表現方法です。
    ボクは歌詞というものはポエムだとは思っていません。

    歌詞カードを読んで→音楽を聴いてみる

    この順序というのは、まあ無くはないですが…

    音楽を聴いてみる→歌詞を読んでみる

    この順序がほとんどだと思います。

    となると、耳から入る情報として引っ掛かりがないと、 人間は中々次の段階《歌詞を読んでみる》には至らないという事なんです。


    -全く頭に残らない歌詞-

    というものも世の中には存在していて。
    そのほとんどが、「韻」や「リズム」を無視した作詞をしています。
    元々日本語はリズムに乗りにくい言語なんで、結構意識してやっと音楽的なんです。

    逆に意味なんて分からないのに口ずさめてしまう歌詞は 「韻」や「リズム」を大切にしている訳ですよね。
    ラッスンゴレライも、「ライ!」が2文字で1音「ai!」だから気持ちが良く ラッスンゴレヌ〜 だったら、凄く気持ち悪いし何か消化不良起こします。

    「藍」の話に戻すと、スキマスイッチは韻の感覚とリズムと その上で内容が良い、代表選手だと個人的には思っています。

    そして2つ目の魅力。
    ラストのサビで畳み掛ける代理コードの展開です。
    元々存在したサビのメロディーが、そんな意味合いも持ってたの?!
    とビックリさせられるコードの仕掛けが待っています。
    きっとこの仕掛けこそが映画でいう、クライマックスシーンなんです。
    そんな映画だと思ってなかった、、、と涙を誘う訳です。
    そう!「藍」って曲、映画みたいな曲なんです。是非聴いてみてください。

    伊橋成哉


    ▼過去のコラム
    >伊橋成哉楽曲徹底分析 スガシカオ「春夏秋冬」
    >伊橋成哉楽曲徹底分析 くるり 「ばらの花」
    >伊橋成哉楽曲徹底分析 EXILE「道」
    >伊橋成哉楽曲徹底分析 ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」
    >伊橋成哉楽曲徹底分析 Mr.Children「HERO」

    ▼人気のコラム
    >多田慎也楽曲徹底分析 中山美穂&WANDS「世界中のだれよりもきっと」
    >堀向直之 楽曲徹底分析 ORIGINAL LOVE「プライマル」
    >KAY楽曲徹底分析 カーペンターズ「top of the world」

    2015.07.01

  • search


page uppage up