Music Factory Tokyo

Music Factory Tokyo

  • 音楽作家塾
  • Music Factory Tokyo presents「Music Creators Workshop」
  • メールマガジン
  • YouTube
  • instagram
  • musicるTV
  • レコーディング女子
  • 宮地楽器
  • search


column

  • 堀向直之 楽曲徹底分析 ORIGINAL LOVE「プライマル」
    今回紹介するのは、ORIGINAL LOVEが1996年にリリースした「プライマル」です。この曲は同年に1996年にTVドラマ『オンリー・ユー〜愛されて〜』の主題歌として発表されたもので、ドラマ自体は1度も観たことが無かったのですが、すごく良い曲だと思って繰り返し聴いていた記憶があります。
    ORIGINAL LOVEは当時、渋谷系という括りの代表格として扱われていた節がありますが、個人的には、おしゃれでポップといったイメージではなく、むしろ濃厚な音を聴かせてくれるバンドだと思っていました。

    この曲で一番注目してほしいポイントは、エレクトリック・シタールが印象的なイントロに続くAメロ。一瞬、サビ始まりのように聴こえるほどインパクトがあります。全体的には音数が抑えられた、シンプルで美しい楽曲ながら、どこかロック・バラードの力強さも感じられます。

    また、70年代初頭のフィリー・ソウルから大きな影響を受けていると思われるポイントがあり、前述したエレクトリック・シタールは、The Stylisticsの「You Are Everything」や「You Make Me Feel Brand New」、The Delfonicsの「Didn't I Blow Your Mind This Time」など、当時の名曲でも効果的に使用されています。美しいラインのストリングスがフィーチャーされていることも特徴です。

    フィリー・ソウルの要素を咀嚼して、上手く自分たちのサウンドに取り入れたことが、この作品に強い印象を持たせる結果に繋がっているのでしょう。


    堀向直之

    2015.06.18

  • search


page uppage up